as_203000216.jpg
icon08.png

ABOUT

会社概要

ニシケンとは?

西建の主な事業内容は3つあります。

1.注文住宅新築事業
西建株式会社がお送りする3大ブランド『ふぁべるの家』と『ロコハウス』そして『IROHA.IE』です。
ふぁべるの家は、熟練された大工職人と二人三脚で造り上げる家です。初期費用は、ローコスト住宅に比べて少し高くなりますが生涯での総支払額は、安くなる提案をさせて頂きます。

ロコハウスは中庭を持つ〝コートハウス〟という建築手法をご提案し、住まいの問題を解決に導きます。

IROHA.IEは、家賃並みの定額で自分スタイルの家を購入できます。

2.増改築・リフォーム事業
今住む家をより長く安心できる暮らしへ。ハウスドクター(ホームインスペター)の知識を活かし必要以上のコストをかけず、ランニングコストを極力抑えた家造りをご提案させていただきます。

3.木工品作成及び販売事業
ひとつひとつ、手作りで仕上げる神棚、日用品など大量生産では感じる事の出来ないであろう、木が持つかけがえのない温もりを皆様へお届けするプロジェクト【木工の杜】はYahooショップで全国へ販売いたしております。

as_136517259.jpg
as_285645813.jpg

企業理念

社訓

一、より良い商品を創るため常に挑戦する。
一、お客様を第一とし常にサービス向上に努める。
一、互いに切磋琢磨し常に向上心を持つ。
一、常に社会的貢献を考え行動する。

【経営方針】

地域に根ざし、地域を大切にした事業展開と品質・安全を重視する。
1. 顧客満足を第一に行動する。
2. 労働災害のない職場環境を追求する。
3. 積極かつ堅実経営の追求。

【経営理念】

各種工事に応じた堅実な施工と管理に努め地域社会の更なる発展に寄与する事はもちろんの事、顧客満足の向上を常に追及しながら社員の幸福を願い企業の永続的な成長を目指す。

【人材育成の基本方針】

1. 会社の経営・経営方針の実現に真摯に取り組む人材を育成。
2. 会社業務の遂行と改善に必要な知識、技術の向上。
3. 健全な常識と旺盛な実践力を兼ね備えた人材の育成。

代表あいさつ

私自身、物作りが大好きな親のもと育ち、幼少の頃から物作りが大好きで大工になりたいと考えていました。

18歳の頃から親方のもとへ弟子入りし修行をさせて頂き、23歳で独立して一人親方となり日々精進の気持ちで様々な構造工法の勉強をしました。
その中でも26歳の頃、熊本市姉妹都市であるテキサス州サンアントニオ市の日本庭園にある東屋修復工事を一人で施工に携わったこともあります。

自身で会社を立ち上げ、お客様と関わらせていただく中で、決まったプランでなく、今までの経験を生かし、お客様のご要望を第一に考え最適なご案内をさせて頂きたいと考えています。

職人が一軒ずつ心を込めて造る住まい。
それが私達の考える家造りの原点です。

西建株式会社は、大工の技術・精神を受け継ぎ綺麗で丁寧な仕事をし続けたいと考える職人集団です。
どんな小さな仕事でも構いません。皆様のご希望に沿える安心、安全な住まいづくりをお手伝いできる日々を楽しみにしています。

代表取締役社長

西田 幸広

boss.jpeg

企業概要

会社名

西建株式会社

代表者

代表取締役 西田 幸広

創立

2016年

資本金

500万円

所在地

866-0891 熊本県八代市古閑浜町3183-2

電話番号

TEL.0965-45-5419 

建設業許可

熊本県知事 許可(般-27)第17266号

従業員数

10名 (2018年8月現在)

​アクセスマップ

 

ZEH普及目標

西建株式会社は、 『ZEH(ゼッチ)』の2020年度までの各年度の普及目標を設定しましたので公表致します。

 

エネルギー基本計画において、 住宅については、 2020年までに標準的な新築住宅で、 2030年までに新築住宅の平均で年閤の一次エネルギー消黄量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(「ZEH(ゼッチ) .ネット ・ ゼロ ・ エネルギー ・ ハウス)の実現を目指すとする政策目標が制定されました。

 

経済産業省 ・ 資源エネルギー庁は、 この目標に向けたZEH ロー ドマップの検討を行い、 そのとりまとめを2015年12月に公表しました。

 

そして、 平成28年度当初予算でZEHの自律的普及を目指して補助金事業の公募が始まっています。

 

これを受け、 ZEHの2020年度までの各年度の普及目標を設定しましたので、 下記の通り公表致します。

 

また合わせて、『平成28年度住宅 ・ ピルの革新的省エネルギー技術潟入促進車業補助金(ネット ・ ゼロエネルギー ・ ハウス支援事業)』の交付要件である『ZEH ピルダー』登録申請を行い、 ZEHの普及に取り組んでまいります。

ZEH受託率

目標

実績

2016年度目標

(平成28年度)

0%

0%

2017年度目標

(平成29年度)

0%

0%

2018年度目標

(平成30年度)

5%

0%

2019年度目標

(平成31年度)

25%

0%

2020年度目標

(平成32年度)

50%

0%

2021年度目標

(平成32年度)

50%

0%

2025年度目標

(令和6年度)

75%

​ー

1. ZEHの周知・普及に向けた具体策

ホームページによる掲載、 また自社の住宅完成見学会によるこ来場者へのこ案内をすると共にZEHの必要性を具体的に紹介し、 ZEH住宅の普及に積極的に取り組みます。

2. ZEHのコストダウンにむけた具体策

ZEH使用プランの規格化することや建物の仕様によりコストの軽減を目指します。また共同購入等の利用でさらなるコストダウンに努めていきます。

3. その他の取り組みなど

日射熱の抑制及び、 取り入れ、 通風を利用することでお客様にこ理解頂けるエネルギー対策を行い、 ZEH普及を実施し、 目標に対し年度毎の計画修正を行います。